2006年06月28日

イラストレーターたろはなパパ!久々の登場です!!


ニックネーム たろはなママ at 08:26| Comment(4) | TrackBack(0) | たろはなパパのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてのお泊り。。。ドキドキのたろはなパパ

今回の大阪行きは身内の手術入院のお見舞いでしたので
土曜日から夫も大阪にやって来ました新幹線病院

2ワンを飼ってから、2人だけで出かけるということが
無かったので、今回初めて2ワンを預けるという、我が家に
とって、特にたろはなパパにとっては、ドキドキの出来事
だったのです犬(泣)どんっ(衝撃)

以前からペットホテルなどは、ネットで探したりはしていたの
ですが、いざ預けるとなると、中々いい所が見つからず、
どうしたものかと思っていました。

ある日お散歩のお友達から「Hクリニックで預かってくれるのよ〜」
という話を聞き掛かりつけのクリニックだったので、それは何より
安心だということで、そちらに預けることに決めました病院犬(笑)猫(笑)

私が先に大阪に行っているので、夫が預けに行くことになるので
ご飯やおやつの与え方を細かく便箋に書き、一緒に渡す様に
夫にお願いしましたエサホネ顔(汗)

当日夫ははお昼過ぎに預けに行き、2ワンの様子は、
たろは嬉しそうホイホイと女医さんに抱かれて、奥に連れて
行かれましたが、さすが警戒心の強いはな犬(怒)
これは何かいつもと違うぞと察したらしく、夫の方にすがる様な
目で助けを求めたそうです犬(泣)

夫も思わず胸が締め付けられ、連れて帰りたくなってしまった
そうですもうやだ〜(悲しい顔)

お迎えは月曜日だったのですが、少しでも早くと8時台の
新幹線に乗り、11時半には2人でクリニックへ病院あせあせ(飛び散る汗)

案の定2ワンとも気が狂った様に私たちに甘えて、飛びかかって
きましたどんっ(衝撃)顔(なに〜)犬(泣)
我が家にはケージというものが無く、その中に2泊3日、
閉じ込められていたのですから、そのストレスは大変だったと
思いますバッド(下向き矢印)犬(泣)顔(泣)

「先生からフードを食べないので、多分お腹が空いていると
思うので家で与えて下さい」との事でした。
そうか〜やっぱりご飯も食べられなかったのか〜もうやだ〜(悲しい顔)

でもどうしても置いて行かなければならない事は必ずあるので、
今回は練習させなければと、心を鬼にして良い機会だったのですexclamation

が、家に帰って餌を見てビックリがく〜(落胆した顔)
缶詰にスプーンまで付けて渡したのに、なんと蓋が空いて
ないのですちっ(怒った顔)むかっ(怒り)
私のメモにはドライフードだけでは食べないので缶詰を混ぜる
様にとしっかり太字で書いたのに〜がく〜(落胆した顔)ちっ(怒った顔)

クリニックだから安心と鷹をくくったのが間違いだった〜バッド(下向き矢印)
私は一言クリニックに言わずにはいられないと、電話
掛けそうになったが、夫に止められ、「病気の時、診てもらいずらく
なるやろ」(関西弁)と言われ、それとこれとは別だと思いましたが
冷静になって電話するのは、止めたのでした顔(え〜ん)

家に戻った、たろとはながまずしたことが、おしっこシートの
敷いて無いところに、溜め込んでいたおしっこを思いっ切り
したのですがく〜(落胆した顔)
たろはなの私たちへの仕返しに違いない犬(笑)顔(なに〜)

そしてお水をガブガブ飲み、ご飯もおやつも何日も食べていない
ワンコの様にガツガツと食べたのでしたエサホネ犬(笑)

その後は思いっきり撫で撫でして、やっぱり次は良い方法を
考えようということに振り出しに戻ったのでしたexclamation×2


お家で安心してくつろぐはなとたろ家犬(笑)ハートたち(複数ハート)

IMG_5528.JPGIMG_5529.JPG

IMG_5531.JPGIMG_5532.JPG

「パパ、ママ、置いていかないでね犬(泣)〜」と私の送った
荷物のダンボールに ずっと入ってましたかわいい

IMG_5527.JPG
















ニックネーム たろはなママ at 07:52| Comment(4) | TrackBack(0) | たろはなパパのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする